アイバが選ばれる理由

KYミーティング



作業にかかる前、その作業にひそむ危険を短時間で話し合い、 「これは危険」と気付き、これに対する対策を決め、行動目標を立て、 一人ひとりが実践する。さらに作業の要所要所で、指差し呼称をする。 このプロセスが危険予知KY活動です。 当社では点検作業前に作業者全員で行うKYミーティングを行います。

危険に対しての感受性を強くし、危険をいち早く察知します。 集中力を高めることにより、ついうっかりした、 ぼんやりしていたなどをなくします。 又、日々の活動によりさらにやる気を高めます。

又、当社では毎月1度社内にてKY活動の結果報告を行います。 その場で今まで起きたヒヤリハット (危険な目に遭いそうになって、ひやりとしたり、はっとしたりすること。 重大な事故に発展したかもしれない危険な出来事)の集計や、 無事故記録の確認等を行い、日々の点検においての危険に対する感受性を 高めることによりアイバ産業では無事故で質の高い仕事を行います。