会社案内

会長・社長挨拶

会長あいさつ

アイルグループCEO 籠島延隆アイバ産業は、アイルグループの一員です。
 アイルグループは、昭和42年12月の設立以来、環境と福祉の分野で業容を拡大してまいりました。 平成17年に旧名のUSグループ(ウラワサービス)から現在のアイルグループに名称変更し今年が11年目、おかげさまで創業49年目を迎えることができました。


グループの中核企業は、建物や公園などの総合管理を行うアイル・コーポレーションです。 当時の青年会議所のメンバーで設立しました。 浦和市(当時)からの委託を受けて資産の維持管理が主な業務でした。 その後、廃棄物の収集運搬処理とリサイクルのコンサルティングを行うクリーンシステムや、 老人福祉施設の運営管理を行うあすなろホームなどを設立しあらゆる面での総合的なサービスを皆様へご提供するため、 現在6社1社会福祉法人の合計7法人でグループを形成しています。


設立当初にはCSR(企業の社会的責任)という言葉すらありませんでしたが、 当時からグループの経営には営利の追求だけではない社会貢献を目的として経営を行ってまいりました。

その実現のため、アイルグループ全体で

1.地域・得意先様との共存共栄,2.信用は無限の財産,3.環境と福祉の真のサービス追求

という企業理念をかかげ、グループ社員一同、さらに新たな成長・発展ステージに邁進する所存です。 今後も、引き続き皆様の温かいご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

グループ名称の中にある「アイル」は「I will」の省略形「I'll」の意。 会話では即座に決断した意志を伝える時に使う表現です。 そこには「お客様のために自信と誇り、さらに強い意志を持って未来に向かって仕事をする集団」 という意味が込められております。



社長あいさつ

アイバ産業株式会社 代表取締役 工藤昌彦アイバ産業はおかげさまで創業45年、アイルグループの一翼を担って15年が経ちました。これまで私たちは、「呼ばれたらすぐとんで行く街の防災屋」を合言葉に、防災保守点検や工事、さらにビル管理における工事会社として、サービスをご提供して参りました。お蔭さまで、地道な仕事を続けることでお客様のご信頼を頂くことができ、防災設備点検や防災工事は勿論のこと、最近は最新工場の消火システム工事を手掛けるまでに成長しました。さらに空調、給排水といった施設管理業務サービス分野にも力を入れ、業務を拡大することが出来ました。社員一同、お客様に心から感謝申し上げる次第です。


アイバ産業の商品は、実は社員ひとりひとりです。お客様にご提供する技術と専門知識を常に高め、お客様とコミュニケーションをしっかり行う、全員がそういう社員になることを目指しています。会社の評価は、社員全員が笑顔でお客様とお話しさせていただき、お客様にご提案し、お客様に育てていただける社員であること。そのために、毎年安全大会を開催するなど安全作業の徹底と研修体制を強化しております。社員全員がヒカルこと、それがアイバ産業の品質強化になると考えております。


お客様に「ありがとう」と言っていただける、社員間で「お互い頑張ったな」と称え合う、そうした会社を目指して参ります。